宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

経営学部長メッセージ

経営学部長近影

経営学部長
久保田 博道

 日本は高度成長期を経て、低成長ながら、経済大国として発展してきた。しかし、現在日本経済が直面している状況は、これまでの延長線上ではない。現在、日本経済は巨額の財政赤字と少子高齢化という減退期に入っている。このような状況下において、これまでの常識や手段がそのまま通用するとは限らない。このような状況下において養うべき能力とは何だろうか。それは、どのような状況においても自ら考え、決断できる能力だろう。状況を見極め、決断し、果敢に実行する能力である。
 大学とは、単に勉強するだけの場所ではなく、これからの長い人生を歩んでいくために、自分という器を作る場所でもある。つまり、人間としての軸を作るための重要な場所といえる。そして、それ以降の人生における様々な決断を行う力を付けるべき期間だろう。
 その能力を鍛えるためには、知識を学ぶだけでなく、思考し実行する力を鍛える必要がある。知識は、思考力と行動力の裏付けがあって初めて力となるからだ。
 経営学部では、現場において応用できる力を養うことを重視している。単純に受け身で学ぶのではなく、時には主催者になり、時には現場で汗を流すことである。
 学生諸君には、教室だけでの学びに満足することなく、演習活動、サークル活動、大学祭運営、インターシップ、ボランティア活動、アルバイト等、積極的に行動することを期待する。本学には師弟同行の校訓のもと、教員一同学生の活動に協力を惜しまない校風があり、経営学部では、多様な活動を援助している。
 初年度には基礎的な大学生としての知識を身につけ、2年生からは、専門的な知識を学ぶことになる。
 さらに、専門ゼミに入って、様々な企業見学に参加し、積極的にプレゼンコンテストに参加することで、実践力を付けることになるだろう。是非、インターシップも経験して欲しい。
 また、学生の進路目標を実現するために資格取得を支援する塾や、公務員受験に向けたWスクールを用意している。
 大学時代は4年間と長いようでいて、実際に力を付けるためには短い期間である。しかし、長い人生の中で、たった4年間という短い時間でも、この時期に付けた力は一生を左右する力を持っている。また、世代にかかわらず、いろいろな人と交流をもって欲しい。様々な人とふれあうことにより、複数の視点から考える視点を持つことができるだろう。 是非、目標を持ち意思を持って、自覚的に日々を過ごしていただきたい。
 そのことが、諸君の将来を大きく開いてくれることになるに違いないと確信している。


学部トップ
総合経営コース
金融マネジメントコース
スポーツマネジメントコース


経営学部長メッセージ
Sun18°塾
カリキュラム
教員情報


学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます