宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

経営学部長メッセージ

経営学部長近影

経営学部長
柚原 知明

 大学において学ぶということの本質について,考えてみたいと思います。誰もが高校時代までは,国語,数学,化学,物理,日本史,世界史等々において必ず明確な答えが存在する限られた分野・領域のみを対象にした教育を受けます。そして,その明確な答えを導き出す手順や方法を学ぶことに全精力が注ぎ込まれます。これらの学習は,君達がこれからの人生を生き抜く基礎学力として非常に重要であることは言うまでもありません。

 しかしながら,実際にこの世で起こっている出来事や課題には,必ずしも明確な答えや解決策が存在しているわけではありません。例を挙げれば,今日における世界各国で起きているテロ行為,北朝鮮による核兵器やミサイル開発をはじめとする国際・外交問題,少子高齢化の進展と共に大きな課題となっている国家財政を巡る年金と税の一体改革等々です。経営学という社会科学は,グローバルな厳しい競争に晒されている環境下,経営戦略・経営組織・研究開発・マーケティング・情報システム等々必ずしも明確な答えが存在しない幅広い分野・領域を研究対象とした学問です。

 また,経営学という社会科学は,物理学や化学のような自然科学と違って,仮説や理論の検証に向けて全く同じ現象を再現する実験が難しい学問領域です。しかしながら,経営実態の観察については対象となる組織や企業等の見学や取材の受け入れによって,仮説や理論の検証がある程度可能となります。経営学の学徒にとっては,基礎となる学説や理論に関するテキスト等の座学による学習後,積極的に組織や企業等の協力を得ながら経営実態を観察・考察することが重要です。経営学の教育は,しっかりとした基礎学習を踏まえて経営実態の観察・考察を行うことが,再び座学による基礎学習の必要性を認識させ,経営実態の観察・考察に向けた興味と問題意識を醸成させます。正に経営学の理論と経営の実態との相互学習が非常に重要となります。本学の経営学の教育においては,学生たちに対して基礎的な座学による学習を踏まえて,各ゼミナールや学内塾等を通じた情報技術やシミュレーション等の様々な演習,及び外部の企業をはじめとする様々な組織等との連携を踏まえた実学教育を行っております。

 本学においては,必ず明確な答えが存在する資格試験等の手法やツールの習得だけではなく,ぜひ社会現象や物事に対して本質的な考え方や捉え方を巡る真の学問領域に触れていただきたいと思います。優れた教師のもとで真の学問領域に触れることは,君達にとって時代を超えた一生の財産になるものと思います。


学部トップ 総合経営コース 金融マネジメントコース スポーツマネジメントコース

経営学部長メッセージ Sun18°塾 カリキュラム 教員情報

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます