宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

経営学部ビジネスリーダーシッププログラム「HATCH AND GO IN AOSHIMA」第2期がスタートしました

昨年度に引き続き、経営学部はビジネスリーダーシッププログラム「HATCH AND GO IN AOSHIMA」を株式会社エフエム宮崎との連携協定をもとに実施しています。本プログラムは、現場にあるできるだけリアルな課題に、学生たちが取り組むことでビジネスに必要なリーダーシップを高めていくことを目的としています。今年度第2期のプログラムでは、1年生9名と第1期に参加した先輩チーム4名の13名が参加して、青島の新名物ガーリックシュリンプを盛り上げるラジオCMを企画・制作に挑戦していきます。

初日である10月17日は、チェックイン、簡単なチームビルティングの後、エフエム宮崎の膳憲太様、テレビ宮崎商事の東森大祐様からラジオの仕事・ラジオCMの基本的な制作プロセスについてレクチャーを受けました。お昼に合わせて、青島に移動し、実際にガーリックシュリンプを立ち上げた株式会社フィッシャーマンズの森茂朗様から「商品に込めた想い」「青島ガーリックシュリンプへのこだわり」「観光客をターゲットにしている販売戦略」などを聞きました。

再び大学に戻り、実際に10店舗のガーリックシュリンプを試食しました。学生たちはそれぞれの店舗のガーリックシュリンプを食べながら、10店舗に共通する独特のパンチのある味と香り、またハワイノースシュアの本場の味付けや店舗ごとのこだわりのアレンジを楽しみました。

初日最後のワークはチーム分け。「青島×ガーリックシュリンプ」の体験を通じて感じたこと、そしてガーリックシュリンプの可能性を話し合いながら、今後一緒にCMづくりをしていく4つのチームを作りました。

2日目となる10月24日は、ラジオCMを企画・制作していく時間となります。ラジオCMのターゲットやアプローチを考えながら20秒のCM原稿を作成していきます。どんなラジオCMができるか、楽しみにしていてください。

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます