宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

経営学部ビジネスリーダーシッププログラム「HATCH AND GO IN AOSHIMA」合宿型ワークショップを実施しました

現在、経営学部はビジネスリーダーシッププログラム「HATCH AND GO IN AOSHIMA」を株式会社エフエム宮崎との連携協定のもとに取り組んでいます。今年度のゴールは、学生たちが主体的にリーダーシップを発揮しながら、青島を活性化するラジオCMを作成することにあります。

今回の合宿型ワークショップでは、青島フィッシャーマンズビーチサイドホステルアンドスパにて、青島の風や音を感じながらCM作成していくワークを実施しました。合宿型ワークショップに当たっては、エフエム宮崎の膳憲太様、テレビ宮崎商事の東森大祐様、ハナビヤ・ラボの愛甲祥太様からご協力をいただきました。また、3日目の最終発表会では、エフエム宮崎社長の関計夫様にもご参加いただきました。

合宿1日目は、まずチームビルティングから始まり、ラジオの仕事について講義、青島散策、先日(8/25)のリサーチ結果の共有、コンセプト出しを行いました。コンセプト出しでは、青島の魅力をあらゆる角度から書きだしながら、5つの方向性にまとめていきました。

2日目からは具体的なCMづくりに入りました。ラジオCM作成に関する講義を聞きながら、CMづくりに大切なターゲットの設定、アプローチ方法、原稿づくりのワークを行いました。各チームは、プロのアドバイスを貰いながら、試行錯誤を続けて、様々な可能性を深堀していきました。この日は、多くのチームがより良いCM案を目指して夜まで修正を重ねていました。

3日目は、アナウンスの練習とプレゼンテーションの方法を学び、最終発表会に向けてブラッシュアップをしていきました。最終発表会では、関社長を含めて講師を務めてくれた方々の前で、チームごとに作成したCMの企画を発表しました。審査のポイントは、ターゲットとアプローチが適切であるか、CM原稿の内容に独創性・構想力・発想力があるか、プレゼンテーションのレベルが高いかなどです。審査員からは、どのチームの企画も発想豊かな内容であり、質の高いCMになっていると評価をいただきました。

今後、本プログラムとしては最終的なブラッシュアップをした上で、9月中旬にラジオCMの音入れを行い、早ければ9月末からCMがOAされる予定です。どんなCMが流れてくるか、楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます