宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

【新体操部】第68回全日本学生新体操選手権大会報告

第68回全日本学生新体操選手権大会

 

 平成28年8月24日(水)~27日(土) 岐阜メモリアルセンターで愛ドーム にて第68回全日本学生新体操選手権大会が開催され、原 古都里(経営学部4年)大塚 安優香(経営学部 2年)の2名が出場致しました。日頃より、ご支援頂いております皆様に感謝し、ご報告申し上げます。

画像1

 

2016-9-28-2
原 古都里(経営学部 4年)
個人総合42位

 演技面に関しては、小さなミスによる実施減点から点数が思うように伸びず、ルールの厳しさを改めて痛感しました。また、ミスのなかった種目においても、身体難度のレベルや体型などほかの選手に比べると反省すべき点があります。
 監督の竹澤先生をはじめ、部員皆の本番ギリギリまでのサポートにより、全力で演技を楽しむことができました。上手く言葉に表現できませんが、本当に最高の舞台でした。
 来年は一人でも多くの部員にこの舞台を経験してほしいと本気で思っています。

原 古都里


2016-9-28-3
大塚 安優香(経営学部 1年)
個人総合46位

 初めて全日本インカレに出場しましたが、とても緊張しました。1日目のボールとフープに関しては、今まで練習してきた成果を発揮することができました。しかし、二日目のクラブとリボンは苦手な種目であったこともあり、悔いの残る演技となってしまいました。この悔しさをバネに、今後の試合に活かしていきたいと思います。
全日本インカレに出場したことでとても良い経験ができました。来年も出場できるよう、日々、努力を積み重ねていきたいです

大塚 安優香


 

 昨年に引き続き、今年も全日本インカレに出場し、無事終えることができました。
この大会に出場するまでに支えて頂いた、多くの方々に感謝申し上げます。今年の出場選手は、新体操人生最後の大舞台を飾る4年生の原と、大学生になり初めての全国大会となる1年の大塚の2名でした。原は、4年間の集大成を賭け「自分にとっての新体操は何か」を考えた重みのある練習をしていたように感じました。一方、大塚は、新人らしく、新しい世界へ飛び込むような思い切った勢いのある練習をしていたように感じています。お互い良い刺激を受けながら全日本インカレへ向かうことができ、また出場することができなかった4名の部員のサポートがあり、今年も無事終了することができました。
 本番での演技内容や、結果に関しては、まだまだ多くの課題があり、これで満足することはできません。リオオリンピックを終え、新体操のルールは大きく改定されますし、東京オリンピックを見据え、日本の新体操レベルは更に上がっていく事が予想されます。このような中でも、一人でも多くの部員が全国大会を経験できるよう、そこで実力が発揮できるよう、次回の大会、また、来年度に向けて更に努力していきたいと思います。
 今後とも、応援よろしくお願い申し上げます。

(監督 竹澤恵菜)

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます