宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

第2回車いすバスケットボール南九州大会に「もくもく会」の学生がボランティアとして参加しました!

3月1日に行われた車いすバスケットボール南九州大会に,本学のボランティアサークル「もくもく会」の学生がボランティアとして参加しました。この大会は今回初めて宮崎で開催され,もくもく会も初めてのお手伝いです。
もくもく会には新体操部の学生も所属しています。今回は会場の設営に加えて,ハーフタイムには新体操部も演技をさせていただくことになりました。

まずはみんなで会場の設営のお手伝いです。
中学生といっしょに,テープを使ってコートを作っていきます。作業は3人1組で行い,ひとりがテープの端を押さえ,ひとりがテープを伸ばし,ひとりがモップでテープを固定していきます。

 

基本こんな感じで行います。


細かいところまで丁寧に。


「1時間はかかる」と言われていた作業ですが,サクサクとこなし,40分ほどで終了しました。
試合開始後は,応援です。

 

かなりの迫力とスピードです。


車いすバスケットは「車いすに座って行う」バスケットです。健常者のチームもあります。この迫力とスピードは,一般的なバスケットにはないものです。この魅力に憑りつかれた人も多いようです。

 

午後からは学生も車いすバスケットを体験させていただきました。
いざ乗ってみると,進むのもやっとです。

学生談「あんなにスピードでないですし,何より座ったままボールを投げるのが本当に難しかったです」


 

決勝戦のハーフタイムに新体操部が演技を行いました。会場にカラフルな花を添えることができました。

いつもの演技に加えて,かわいらしいダンスも披露。


 

この度,車いすバスケットボールという初めての競技に関わらせていただき,もくもく会のメンバーはさらに視野を広げることができたのではないかと思います。

末筆となりましたが,このような機会を与えてくださいました宮崎東ロータリークラブの皆様に,心から御礼申し上げます。

 

報告者 山田恭子(経営学部/もくもく会顧問)

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます