宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

介護等体験

目的

 介護等体験とは、小学校・中学校の教員免許状取得に必要な特別支援学校(旧 盲・聾・養護学校)及び社会福祉施設等における体験活動のことです。
 小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」(平成9年法律第90号:いわゆる介護等体験特例法)が施工されたことに伴い、「介護等の体験」(7日間)が義務づけられています。
 義務教育に従事する教員が、障害者や高齢者等に対する介護や交流をとおして、個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深め、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期することを目的としています。その内容は、特別支援学校において2日間及び社会福祉施設において5日間とし、障害者や高齢者等に対する介護、介助、交流等を通して、人との関わり、人を援助するうえで大切にすべき姿勢や視点を体験的に学習します。

 

学びについて

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます