宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

大久保哲

近影

 

プロフィール

諫早湾の開拓堰開閉門の是非で揺れている長崎県諫早市出身です。切ったはったの世界が好きで刑事法を専攻しました。でも、性格は温厚です。学生に優しい分かりやすい講義やゼミナールを目指しています。

 

担当科目

法学入門、法学概論、刑法総論、刑事訴訟法

 

ゼミナールテーマ

刑法及び諸法の研究

 

学生へのメッセージ

大学は知的に成長する場です。そして、同時に人間的に成長する場でもあります。皆さんの若くしてしなやかな知性と感性をフルに発揮して、大きく飛躍してほしいものです。また、教えるほうにとっても、教育は同時に自己啓発の場でもあります。教えられるほうと教えるほうが、お互いに刺激しあって、すばらしい知的人格形成の場としていきましょう。

 

その他(顧問等)

無し

 

保有学位および主な教育研究業績

保有学位 修士(法学) 九州大学
研究分野 刑事訴訟法、刑法、刑事政策、少年法、裁判員法(陪審制度)
著書・論文名等
年月日
発行所・掲載紙・発表学会等
概要
報復権再論 2013年 新潟大学法政理論第45巻第4号 「報復権再考」のリメイク版です。報復権とその理論付け、行使の形態について、深く論及しました。
犯罪被害者の保護と刑事手続参加 2013年 北九州市立大学法制論集40巻4号 ともすれば忘れがちになる犯罪被害者の保護と、刑事手続きへの参加について論及しました。被告人の黙秘権との関連で考えました。
報復権再考 2010年 『立石ニ六先生古希祝賀論文集』成文堂 近代刑法では報復(復讐)は禁じられ、刑罰権は国家が占有しています。それでいいのかという問題意識から論じたものです。
刑事系第2問 問題と解説 2009年 ロースクール演習第2号 法科大学院の演習用の問題を作成し、解説を加えたものです。
犯罪と刑罰 2008年 永尾孝雄編『現代の国家と法律』創言社 犯罪と刑罰の基本問題について、論及したものです。
学会・社会での活動 日本刑法学会、九州法学会

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます