宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

建学の精神 大学の使命・目的 沿革・現況

建学の精神

「師弟同行のもとに実学の精神を尊重する」

 大淀学園は、大正11年の開学以来、実学を重んじ、師弟同行の伝統を築いてきた。
 宮崎産業経営大学は、これを受け継ぐとともに、大学の基本的な機能である学術研究の側面を加味して「実学の精神を尊重する」ことを建学の精神としている。ここに「実学」といわず、敢えて「実学の精神」を謳うのは、学問を通じて人格の向上に努め、豊かな人間性と自在の精神を涵養し、先見性と創造性をもって、今後急速な変化が予想される国際化、情報化社会に的確に対応できる人材の育成を念願しているからである。
 また、本学は、「師弟同行」を教育実践の根幹に据えている。これは、教員と学生の人間的な触れ合いを通して、学生が主体的に実践、行動する力を養成するとともに、豊かな情操を育むための教育理念である。
 本学は、このようにして、現実の社会問題を前にしてたじろぐことなく取り組むことのできる、実際的な能力と柔軟な精神を備えた若者を地域社会の中核的な人材として送り出すことを使命としている。

本学の使命・目的

 本学は、学則の冒頭に「学術の中心として広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究するとともに、大淀学園の建学の精神にのっとり、個性豊かにして知的教養をもった有能な人材を育成し、もって文化の創造発展と、社会・人類の福祉に貢献すること」を大学の目的として掲げている。法学部・経営学部を擁する宮崎県内唯一の社会科学系の大学として、地域の振興・発展を願う地元の人々や企業、行政の期待を担って誕生した本学は、地域社会における中核的人材の育成と、本学が有する学術研究機能を地域に還元することを通して、この目的を達成すべく努力を続けている。

学位授与の方針 (ディプロマポリシー)

法学部は、卒業要件を満たし、下記の能力を身につけたと認められる学生に卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。
1.主体的に学ぶ姿勢と法的思考能力および判断力。
2.社会のさまざまな場面で生じる問題を分析し、対話を通じて理解する力。
3.自ら解決方法を考え、自分の言葉で表現する力。

経営学部は、「マネジメントの知識・技能」、「経営能力と実践能力」、「深い教養と豊かな人間性・国際性」を兼ね備えた人材の育成を教育目的としています。それに基づき、下記の項目を満たした人に学士(経営学)の学位を授与します。
1.マネジメントの知識・技能
 ・マネジメントに必要な経営学の知識を身に付けている。
 ・経営に必要な情報、会計の技能を身に付けている。
2.経営能力と実践能力
 ・専門分野で経営に必要な知識を身に付けている。
 ・問題意識を持ち、その課題に対する論理的な考察を行うことができる。
3.深い教養と豊かな人間性・国際性
 ・教養を深いと判断できるレベルで身に付けている。
 ・英語能力や日本以外の文化圏に関する知識を身に付けている。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラムポリシー)

法学部は、「法的思考能力と判断力及び深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、地域に貢献しうる人材を養成する」という教育目的を実現するため、下記の教育課程を編成しています。

1.豊かな人間性の涵養と基礎学力を身につけるため、総合教育科目(全学共通科目)を配置しています。

2.法的思考能力と判断力を身につけ、社会の課題に取り組む能力を養うため、体系的に専門教育科目を配置しています。

3.学生がそれぞれの将来の進路に応じ学べるよう、コース制を導入し、コースごとに指定科目を設け段階的な学習ができるよう配置しています。

4.コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を習得するため、全学年を通じて少人数による必修の演習科目を編成しています。

経営学部は、営利・非営利組織を問わず多様な組織におけるマネジメントの知識・技能を体系的に教授研究し、経済情勢と変化に対応しうる経営能力と実践能力および深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を下記の方針で養成することを教育目的としています。

1.総合教育科目
総合教育科目として、豊かな人間性醸成のため、人間形成に関する科目を選択科目として複数配置しています。また国際性豊かな人材を育成するため、英語を必修としたうえで複数の外国語科目を設置しています。

2.専門教育科目
経営の実践能力醸成のため、少人数のクラス単位による演習授業である「進路研究演習」を必修としています。また、マネジメント、経営学の基礎的知識の習得のため、経営、情報、会計の分野の基礎を必修科目として設置しています。そして多様な組織のマネジメント能力醸成のため、経営学に関する多数の分野に適応した選択科目を設置しています。さらに、専門演習(専門ゼミナール)を2年次から設置し、4年次の卒業論文を必修とし、早期に高い専門性を身に付けることを目指します。

入学者受入方針 (アドミッションポリシー)

法学部

1.教育理念
法学部では、法律学の体系的な専門知識を学び、法的思考能力と判断力および豊かな教養と人間性を兼ね備えた人材を養成します。

2.入学者受入方針(求める学生像)
法学部では、次のような人材を幅広く受け入れます。
・法的知識を生かして社会で活躍したいと考える人材
・社会の様々な課題に取り組む意欲を持つ人材
・行政、司法に関わる職業を志す人材
・教育に関わる職業を志す人材
・スポーツ競技における指導者を志す人材

3.入学者選抜の基本方針
法学部では、法律学を体系的に学ぶために必要な「基礎学力」があり、かつ、学びを意欲的に取り組むことができる学生を選抜するために、推薦入試・特別入試・一般入試を実施しています。本学の入試では、大学入試センター試験、個別学力検査、小論文および面接等を用いて志願者の能力や資質を総合的に評価します。

経営学部

1.教育理念
経営学部では、営利・非営利組織を問わず多様な組織におけるマネジメントの知識・技能を体系的に教授研究し、経済情勢と地域社会の変化に対応しうる経営能力と実践能力および深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を養成します。

2.入学者受入方針(求める学生像)
経営学部では、次のような人材を幅広く受け入れます。
・次代の地域産業におけるニューリーダーをめざす人材
・知識や技能をビジネスに生かす意欲を持つ人材
・会計・情報系資格取得にも積極的に取り組む人材
・教育機関への就職を熱望する人材
・スポーツ競技における指導者を志す人材

3.入学者選抜の基本方針
経営学部では、経営学を理解するために必要な「基礎学力」、経済情勢と地域社会の変化に対応するための「コミュニケーション能力」を保有している学生を選抜するために、推薦入試・特別入試・一般入試を実施しています。本学の入試では、大学入試センター試験、個別学力検査、小論文および面接等を用いて志願者の能力や資質を総合的に評価します。

沿革・現況

A.本学の沿革

学  校  法  人  の  沿  革  (  概  要  )
大正11(1922)年4月 日州高等簿記学校設立。
昭和6(1931)年6月 日州高等簿記学校を宮崎高等計理学校と校名変更。
昭和12(1937)年4月 宮崎高等計理学校を宮崎高等経理学校と校名変更。
昭和19(1944)年4月 宮崎高等経理学校を宮崎女子経理学校と校名変更。
昭和21(1946)年4月 宮崎女子経理学校を宮崎高等経理学校と校名変更。
昭和28(1953)年12月 学校法人大淀学園設置認可。
昭和39(1964)年9月 宮崎高等経理学校を宮崎中央高等商業学校に校名変更。
昭和40(1965)年4月 宮崎中央高等学校開校。商業科、家政科設置。
昭和41(1966)年4月 宮崎中央高等学校建築科、土木科増設。
昭和42(1967)年3月 宮崎中央高等商業学校廃止。
昭和45(1970)年3月 宮崎中央高等学校家政科廃止。
昭和46(1971)年3月 宮崎中央高等学校土木科廃止。
昭和50(1975)年4月 宮崎中央高等学校衛生看護科、インテリア科増設。
昭和56(1981)年4月 宮崎中央高等学校衛生看護専攻科(文部大臣指定)増設。
昭和58(1983)年4月 宮崎中央高等学校普通科(体育専攻)、機械科増設。
昭和60(1985)年4月 宮崎中央高等学校医療業務科増設。
昭和62(1987)年2月 宮崎産業経営大学法学部法律学科、経営学部経営学科設置認可。
昭和62(1987)年4月 宮崎産業経営大学開学。法学部法律学科、経営学部経営学科設置。
宮崎中央高等学校普通科(進学コース)増設。
昭和63(1988)年4月 宮崎中央高等学校英数科増設。
平成元(1989)年3月 宮崎中央高等学校建築科廃止。
平成元(1989)年4月 宮崎中央高等学校を鵬翔高等学校に校名変更。同校体育科、
自動車工学科、コンピュータ機械工学科増設。
平成2(1990)年12月 宮崎産業経営大学経済学部経済学科、観光経済学科設置認可。
平成3(1991)年3月 鵬翔高等学校普通科、インテリア科、機械科廃止。
平成3(1991)年4月 宮崎産業経営大学経済学部経済学科、観光経済学科設置。
平成14(2002)年4月 宮崎産業経営大学経済学部経済学科、観光経済学科募集停止。
平成14(2002)年11月 鵬翔中学校設置認可。
平成15(2003)年4月 鵬翔中学校開学。
平成17(2005)年3月 宮崎産業経営大学経済学部経済学科、観光経済学科廃止。
鵬翔高等学校体育科廃止。
平成20(2008)年4月 鵬翔高等学校特進英数科、くらしの科学科、システム工学科増設。

 

B.本学の現況(平成28年5月1日現在)
a.大 学 名  宮崎産業経営大学
b.所 在 地  宮崎市古城町丸尾100番地

c.学部等の構成

学  部  名 学  科  名
法学部 法律学科
経営学部 経営学科

 

d.学部の学生数

学 部 学 科

1年次

2年次

3年次

4年次

法 学 部

法律学科

128

108

93

107

436

経営学部

経営学科

128

129

110

141

508

合 計

256

237

203

248

944

 

e.教員数

学 部 学 科

教授

准教授

講師

助教

法 学 部

法律学科

10

9

2

0

21

経営学部

経営学科

12

5

3

1

21

合 計

22

14

5

1

42

 

f.職員数

 

正職員

契約職員

派遣職員

人 数

34

0

0

34

合 計

34

0

0

34

 

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます