宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

3つのポリシー

学位授与の方針 (ディプロマポリシー)

法学部は、卒業要件を満たし、下記の能力を身につけたと認められる学生に卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。
1.主体的に学ぶ姿勢と法的思考能力および判断力。
2.社会のさまざまな場面で生じる問題を分析し、対話を通じて理解する力。
3.自ら解決方法を考え、自分の言葉で表現する力。

経営学部は、「マネジメントの知識・技能」、「経営能力と実践能力」、「深い教養と豊かな人間性・国際性」を兼ね備えた人材の育成を教育目的としています。それに基づき、下記の項目を満たした人に学士(経営学)の学位を授与します。
1.マネジメントの知識・技能
 ・マネジメントに必要な経営学の知識を身に付けている。
 ・経営に必要な情報、会計の技能を身に付けている。
2.経営能力と実践能力
 ・専門分野で経営に必要な知識を身に付けている。
 ・問題意識を持ち、その課題に対する論理的な考察を行うことができる。
3.深い教養と豊かな人間性・国際性
 ・教養を深いと判断できるレベルで身に付けている。
 ・英語能力や日本以外の文化圏に関する知識を身に付けている。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラムポリシー)

法学部は、「法的思考能力と判断力及び深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、地域に貢献しうる人材を養成する」という教育目的を実現するため、下記の教育課程を編成しています。

1.豊かな人間性の涵養と基礎学力を身につけるため、総合教育科目(全学共通科目)を配置しています。

2.法的思考能力と判断力を身につけ、社会の課題に取り組む能力を養うため、体系的に専門教育科目を配置しています。

3.学生がそれぞれの将来の進路に応じ学べるよう、コース制を導入し、コースごとに指定科目を設け段階的な学習ができるよう配置しています。

4.コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を習得するため、全学年を通じて少人数による必修の演習科目を編成しています。

経営学部は、営利・非営利組織を問わず多様な組織におけるマネジメントの知識・技能を体系的に教授研究し、経済情勢と変化に対応しうる経営能力と実践能力および深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を下記の方針で養成することを教育目的としています。

1.総合教育科目
総合教育科目として、豊かな人間性醸成のため、人間形成に関する科目を選択科目として複数配置しています。また国際性豊かな人材を育成するため、英語を必修としたうえで複数の外国語科目を設置しています。

2.専門教育科目
経営の実践能力醸成のため、少人数のクラス単位による演習授業である「進路研究演習」を必修としています。また、マネジメント、経営学の基礎的知識の習得のため、経営、情報、会計の分野の基礎を必修科目として設置しています。そして多様な組織のマネジメント能力醸成のため、経営学に関する多数の分野に適応した選択科目を設置しています。さらに、専門演習(専門ゼミナール)を2年次から設置し、4年次の卒業論文を必修とし、早期に高い専門性を身に付けることを目指します。

入学者受入方針 (アドミッションポリシー)

法学部

1.教育理念
法学部では、法律学の体系的な専門知識を学び、法的思考能力と判断力および豊かな教養と人間性を兼ね備えた人材を養成します。

2.入学者受入方針(求める学生像)
法学部では、次のような人材を幅広く受け入れます。
・法的知識を生かして社会で活躍したいと考える人材
・社会の様々な課題に取り組む意欲を持つ人材
・行政、司法に関わる職業を志す人材
・教育に関わる職業を志す人材
・スポーツ競技における指導者を志す人材

3.入学者選抜の基本方針
法学部では、法律学を体系的に学ぶために必要な「基礎学力」があり、かつ、学びを意欲的に取り組むことができる学生を選抜するために、推薦入試・特別入試・一般入試を実施しています。本学の入試では、大学入試センター試験、個別学力検査、小論文および面接等を用いて志願者の能力や資質を総合的に評価します。

経営学部

1.教育理念
経営学部では、営利・非営利組織を問わず多様な組織におけるマネジメントの知識・技能を体系的に教授研究し、経済情勢と地域社会の変化に対応しうる経営能力と実践能力および深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を養成します。

2.入学者受入方針(求める学生像)
経営学部では、次のような人材を幅広く受け入れます。
・次代の地域産業におけるニューリーダーをめざす人材
・知識や技能をビジネスに生かす意欲を持つ人材
・会計・情報系資格取得にも積極的に取り組む人材
・教育機関への就職を熱望する人材
・スポーツ競技における指導者を志す人材

3.入学者選抜の基本方針
経営学部では、経営学を理解するために必要な「基礎学力」、経済情勢と地域社会の変化に対応するための「コミュニケーション能力」を保有している学生を選抜するために、推薦入試・特別入試・一般入試を実施しています。本学の入試では、大学入試センター試験、個別学力検査、小論文および面接等を用いて志願者の能力や資質を総合的に評価します。

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます