宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

大坪利彦

近影

 

プロフィール

東京生まれ。新宿の高校を卒業後、横浜国立大学教育学部で佐々木弘明ゼミの卒論に川端康成論を書く。明治大学大学院で詩人の大岡信先生に師事し、博士後期課程満期退学の後、1989年4月宮崎産業経営大学文学担当教員として赴任。2010年に熊本大学から博士(文学)を授与される。高校時代の恩師林武志先生と尾木直樹先生とともに「日本伝統文化協会」を設立して現在に至る。趣味は音楽と映画で、二十歳の頃にライブ演奏した音源(1曲)が渋谷エピキュラスから出ていて、最近ネットで買って、久しぶりに下手な演奏を聴いた。

 

担当科目

人間と文学、日本語理解

 

ゼミナールテーマ

「ああ、楽しい人生だった。」と言える一生を送ろう!

 

学生へのメッセージ

平成元年に東京から本学へ赴任しました。開学3年目のすべてが新しい経験の大学でしたから、学生も教職員も創意工夫に努めていたように思います。若い教員たちは「二度目の大学院」と言って、互いに学び合うような雰囲気がありました。県内初、南九州でも数少ない法学と経営学の専門教育を修得できるため優秀な学生が大勢集まって、講義室は熱気と緊張感に溢れていました。その伝統は現在へと受継がれ、本学が全国で「本当に実力の高い大学」にランクインするのは当然の結果ですね。

 

その他(顧問等)

言語文化サークル・音楽クラブ・軟式野球部 各顧問

 

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます