宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

立川淳一

近影

 

プロフィール

30数年、県庁職員として地方行政に携わってきました。この間、いろいろな公務を担当いたしましたが、テクノポリス、リゾート構想等の政策立案や、商工、観光、農業等の産業振興・地域づくりが中心でした。「宮崎をせめて全国水準並みに・今より少しでも魅力ある地域に」をモットーに関係者の協力を得ながら業務を遂行してきました。いくら素晴らしい理想像を描いても」実現しなければ意味がありません。夢を実現するには「現実」に梯子をかけて登らなければ辿りつけません。私は、実体験を通して地方自治のありかたを理解してもらい、理論も大切ですが、むしろ実学を重視して社会に通用する人材を育てたいと思っています。

 

担当科目

地方経営論、地方自治論、スポーツ行政学

 

ゼミナールテーマ

地方自治研究 日本のこれまでの地方自治の歩みや地方分権改革による国と自治体との関係など基本的な知識を修得したうえで、身近な自治体の現況について調査研究する。また、計画がより有効で実効性の高いものとするため、必要に応じ現地調査、ヒアリングを行い納得できる内容にしあげていきます。

 

学生へのメッセージ

「モノ」は、みる角度によっていろんな形に見えます。今日の経済・社会の状況や各種情報についても、人によって見方や受け止め方そして価値判断も違います。 学生時代は何でも学び、体験して、その中から真実を見極める目を身につけましょう。そして、自分の「目」を信じて失敗を恐れず社会へ羽ばたいていただきたい。

 

その他(顧問等)

無し

 

保有学位および主な教育研究業績

保有学位 学士(商学) 名城大学
研究分野 地方自治、産業政策
著書・論文名等
年月日
発行所・掲載紙・発表学会等
概要
「小さな地場産業」 1980年 国民金融公庫(都城弓)編 都城市は日本一の大弓(竹弓)の生産地です。古来から伝承された弓製作の技とは?弓師の現状等について紹介しています。
学会・社会での活動 「みやざき自治研究会」の設置・開催

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます