宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

奥村憲博

近影

 

プロフィール

宮崎県出身、東京工業大学工学部社会工学科卒業、ハーバード大学大学院公共政策修士課程修了、宮崎県庁(企画・商工・財政部門等)、(財)国際開発センター主任研究員、(財)日本エネルギー経済研究所研究主幹、アイ・シー・ネット㈱シニア・コンサルタントなどを経て2015年4月より現職。

 

担当科目

国際経営論、生産工程論、人事組織論

 

ゼミナールテーマ

グローバリゼーション、国際経営と地域企業(振興)に関する研究

 

学生へのメッセージ

充実した人生を送っていくには、夢を描き、その夢の実現に向けてチャレンジし続けていくことが大切です。本学の教育環境の中で、そのチャレンジしていく方向性を見極めると同時に、チャレンジしていける基盤形成に努めてください。

 

その他(顧問等)

無し

 

保有学位および主な教育研究業績

保有学位 修士(公共政策) ハーバード大学
研究分野 産業政策、エネルギー経済、開発経済
著書・論文名等
年月日
発行所・掲載紙・発表学会等
概要
東ティモール国産業政策アドバイザー専門家業務完了報告書 2015年3月 独立行政法人国際協力機構 東ティモール政府初の産業政策策定を政府アドバイザーとして支援し、産業政策のフレームであるミッション、産業政策、アクション・プランを提案した。
再生可能エネルギー全量買い取り制度に関する調査 2012年3月 経済産業省 政府の再生可能エネルギー全量買い取り制度導入にあたっての検討に資するための国際比較、買取制度の導入インパクトを分析した。
Energy Outlook for Asia and the Pacific 2010年10月 Asian Development Bank ADB管轄地域のエネルギー需給について、2030年までの長期見通しを分析・予測した。
経路依存、ロック・インとグローバル・エネルギー戦略 2007年3月 (財)日本エネルギー経済研究所・IEEJ研究レポート 技術選択における経路依存性、相乗効果・収穫逓増効果によるロック・インの発生をベースにグローバル・エネルギー戦略を論じた。
Methodology Using Long-term Energy Scenarios 2005年7月 WEC Asian Region Workshop On Energy Scenarios to 2050 長期エネルギー需給についてシナリオ分析する際の各種方法論について論じた。
世界のエネルギー需給と原子力の展望 2004年9月 電気評論 世界の長期エネルギー需給見通しを踏まえて、原子力エネルギーの役割について論じた。
学会・社会での活動 ・エネルギー・資源学会(前編集実行委員)
・日本ベンチャー学会
・International Energy Agency Renewable Energy Working Panel Observer
・超長期エネルギー技術研究会・超長期エネルギー技術戦略研究会委員
・宮崎県イノベーション共創プラットフォーム委員
・宮崎県企業成長促進プラットフォーム委員
・宮崎県産業人材育成プラットフォーム委員
・宮崎県中核的企業の育成に向けた産学官金の検討会議委員
・宮崎県立看護大学教育研究審議会委員
・宮崎市工業振興計画策定委員会委員
・宮崎市企業開発委員会委員

 

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます