宮崎産業経営大学



入学する

学ぶ

調べる

出山実

近影

 

プロフィール

出身は千葉県です。大学院修了後、NPO法人勤務と専門学校・大学での非常勤講師を経て、現在の仕事に就いています。専門は、会計ディスクロージャーとコミュニケーション。具体的には、非財務情報の開示と統合報告書を対象にしています。最近は、企業とステークホルダーとの新しい対話手法であるフューチャーセッションの活動も行っています。

 

担当科目

会計学、上級簿記、会計監査論、経営分析、ビジネスゲーム

 

ゼミナールテーマ

ゼミのテーマは「企業経営と会計ディスクロージャー」です。会計の基本的理論から新たな会計問題まで幅広くテーマを設定し、現在会計の直面する諸課題に取り組みます。

 

学生へのメッセージ

大学の4年間は、社会に出る前の準備期間です。この4年間で「何を経験すべきか」を常に念頭に置きながら、充実した日々を過ごしてください。

 

その他(顧問等)

無し

 

保有学位および主な教育研究業績

保有学位 修士(経営学) 麗澤大学
研究分野 財務会計論、CSR会計論
著書・論文名等
年月日
発行所・掲載紙・発表学会等
概要
(著書)簿記システム基礎演習[第4版] 2013年3月 創成社 簿記初学者から中級者に向けたテキスト。企業活動との関係に沿って、簿記の手続きを学ぶことができる。
CSRマネジメントコントロール‐企業と社会をつなぐ3つの仕組み‐ 2009年3月 麗澤大学出版会 企業がCSR問題に戦略的に取り組むとき、どのようにマネジメントシステムを構築すればいいのかを、企業と社会の視点から説明する。
(論文)地方大学におけるフューチャーセンターの可能性―ピンクリボン活動みやざきとの協働事例を通して― 2014年7月 宮崎産業経営大学研究紀要第24巻第2号 大学においてフューチャーセンターを設置する事例が増えている。本稿では、本学が取り組んだフューチャーセッションの事例をもとに、大学におけるフューチャーセンターの可能性を探った。
観光立国と会計基準の国際調和-未消化有給休暇の負債概念― 2013年3月 宮崎産業経営大学経営学論集第23巻第1号 会計が社会制度に与える影響は非常に大きいといえる。本稿では、未消化有給休暇に関する会計制度の視点から、我が国の観光戦略への影響を論じた。
Whole Concept of Integrated Reporting Contributing to Sustainable Competitiveness 2011年12月 Journal of Management Science Vol.2 財務情報と非財務情報をつなぐ役割がある統合報告書。そこでは、戦略や組織レベルでの統合思考が求められる。本稿では、持続可能な競争力をもたらす統合報告書のあり方を検討した。
学会・社会での活動 (学会) 日本経営会計学会、日本商学研究学会、日本経営システム学会、日本経営実務学会、組織学会、日本経営倫理学会 (社会活動) 宮崎商工会議所技能検定振興会委員、宮崎海区漁業調整委員会委員、宮崎労働局公共調達監視委員会委員、日向市行政評価委員会委員

学部・学科の紹介

在学生用

学校法人 大淀学園

JIHEE


本の詳細はこちらから


HP特別版も見られます